ただし大多数の店舗やレストランに

-

-

契約店舗でいずれものクレカが使えるわけではない:クレカ会社の加入店舗はたくさんのクレカ会社とライセンスを結んでいますが、不便なことにどれもの加盟店舗であらゆる使えるわけではありません。マカ+クラチャイダム

つまり古いタイプの契約店の場合にはJCBのマークの付いたそのクレジットカードしか決済不可な場面もあるし、今日の契約店舗ではVISAとマスターといったブランドの入ったクレカのみしか切れない場面もあるでしょう。レモンもつ鍋

ダイナースクラブカードといったクレカ会社の場合にはもっともっと切れない場所が増えるのではないでしょうか。風水 裏ワザ

どのロゴのカードが決済できるかをどのように見たら良いか「ではどうやって何の印のクレジットカードが決済可能かというのを見分けたらいいものか?」といってみても正しく見るのだったらショップの誰かに確認してみるのみしかないというのが残念だけどその答えです。

ただし大多数の店舗やレストランには店舗の入口のスペースに決済可能なクレカのサインがプリントされている加盟ステッカーが貼り付けられていることから「へー、あそこのショップはダイナースカードが使えるのだな」といった感じで不安にならないようにされているから確認しておいてほしいと思います。

しかしながら、正しく管理が行き届いていない加盟店舗で用いる際にはステッカーが掲示されているお店でも「現在ではお持ちのクレジットカードはご使用いただけません」などの回答をされてしまう場合もないといえなくもなく、困惑してしまうこともあるでしょう。

やはり可能な限りは全部の加盟店舗でクレジットカードが使用できるようにするためにも、異種のグループ(欧米圏の会社)が書かれている一般的なVASA、MasterCard、アメックス、ライフカード、等のカードを2、3枚持つようにしたほうがよいと思います。

例えば:JCBを契約しているなら二枚目は銀聯カード付属のカードを契約するといった方法です。

とりわけ国内においてはVISAカード、マスターカード、JCBの3つのブランドが書いてあるクレカを常に持っておけばおおむね全国の加入店舗で3枚のうちどれかのクレカを使用するよう準備できていることになります。

カードを使用して日常的にスマートな支払いを目標とするのであれば、確実にこれらのクレカを財布に忍ばせておいていただくようお勧めします。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fictionalcomics.com All Rights Reserved.