www.fictionalcomics.com

-

-

自動車保険には、みなさんももうご存知かとは思いますが、通称「等級」と呼ばれる指標が被保険者に対して与えられます。正しくはノンフリート等級別料率制度と呼ばれ、保険の料金にとても大きく関わっています。等級は、クルマの損害保険に入っている者の公平な負担を担保することを一番の目的とするので、自動車事故を発生させる危険性ないしは、自動車の保険を使用する可能性が高ければ高いと認められるほど保険の料金が上がります。その反対に事故を生じさせてしまう確度がより少なく、保険を使用することはないだろうと認められる方に関しては、良い加入者だと認定され、月額の掛金が低廉になります。安全に自動車をりようする運転手の人のほうがより優遇される仕組みには違いないので、交通事故を起こしてしまいやすい被保険者には多少不都合な制度であるといえます。等級という制度は、優秀な運転手と事故の確率が比較的大きい被保険者の保険の掛金が同じ額だとフェアでないと感じる客が多数を占めるので保険の提供側サイドからしても損を押えるためにどうしても必須の枠組みだと考えられるのです。等級とはどういったものか簡潔にご説明します。まず第一に、等級というものには1等級から20等級まで設定され等級が増えるたびに掛け金が割り引かれる機構になっています。さらには、1等級より3等級の範囲については引き下げられず反対に高くなり、交通事故を生じさせてしまい、自動車の保険を適用すると3等級引き下がってしまいより一層負担が大きくなった車の保険を払うことになるのです。最後に初めて自動車保険に契約するケースにおいては6等級よりスタートとなりその級から自分の級が減るのか高くなるのかは契約者によります。そのようなわけで掛け金を安くしたい方は、トラブルを起こさないように日々安全な運転に留意するのがまずは最も近道です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fictionalcomics.com All Rights Reserved.